繝舌リ繝シ

リサイクルトナーについて

リサイクルトナー(再生トナー)とは、レーザープリンターや複写機などで使用し終わった空のトナーカートリッジを回収し、汎用トナーを充填し販売する商品を指します。


メーカーが新品で販売している交換用トナーカートリッジを「純正品」と呼ぶのに対し、リサイクルトナーは、回収されたトナーカートリッジにメーカー以外の業者がトナーを再充填したものを指すことが多いです。

従来は、メーカーが回収しきれないトナーカートリッジを業者がリユース品として販売することが大半だったが、近年ではメーカーもリサイクル・リユースへの取り組みを推進・強化し再生トナーを販売することも増えています。

リサイクルトナーの情報が必要なタイミングで手に入ります。

ただし、メーカーが販売するリサイクルトナーは、その他のものと区別するために、メーカー純正リサイクルトナーと呼ばれることもあります。

NEVERまとめの情報ならお任せください。

再生トナーは一般的に、純正品に比べて安価になるが、カートリッジを幾度も再利用するためにトナー漏れなどの品質不良が発生しやすく、それによる機器本体への悪影響が問題点になっています。

しかしながら、近年のプリンターメーカーは、機器本体を格安で販売し、トナーやドラムといった消耗品に利益をのせる傾向が強いため、コストカットの意味で再生トナーを好んで利用する法人・個人は増え続けています。



そのため、品質保証・送料無料などの特典をつけて販売する専門店なども存在しています。保証の範囲は、再生トナーによるプリンタ本体への損害も対象にしているところが多く、今後もこの業界は大きく展開してゆくことが見込まれます。




Copyright (C) 2014 リサイクルトナーについて All Rights Reserved.